変えよう! 日本の学校

-カナダ人英語教師が提唱する“エンパワーメント”(活力を与える)教育

自分の頭で考え、自分の力で行動する人間を育てる“エンパワーメント”教育を、日本を愛し憂えるカナダ人教師が提唱!

札幌生まれのカナダ人“ピーターさん”は、常に日本を見つめ、愛し、考え、行動する熱血漢です。その彼の30余年にわたる教師経験から出た本音が本書です。
 
日本の子どもたちはもっと「心」のこもった教育を受ける権利があるのです。皆さん、一緒に考えましょう。

こんなに明るく、フランクで、フェアで痛快な教育論があったろうか?いや、これは単なる英語教育論ではない。教育論にとどまらない、現代日本論であり胸のすくような文明批評―これこそ、教育者として、子どもの親としてそして社会の現状を憂える一市民としてぼくが待ち焦がれていたものだ。 辻信一(文化人類学者)

〈函館新聞 2017年8月7日掲載〉→ こちら


ピーター・ハウレット:著
ハヌル・ハウレット:訳

発売月:2017年08月

定価:1512円(税込み)
46版 ソフトカバー
頁数:176ページ
ISBN:978-4-434-23553-5 C0095