異郷

E・ヘミングウェイ短編集

ヘミングウェイ生前未発表の短・中編全7編が新訳で甦る。

わたし自身、いつかはヘミングウェイの小説を翻訳してみたい
という思いを抱いてきたが、この翻訳書を前にして、
その願いは諦めなければならないかもしれない。
いまはただ、純粋な気持ちで、
すばらしいヘミングウェイ訳者の登場を心から祝福しよう。
                      (推薦文より)

【収録作品】
『十字路の憂鬱』『死者たちの遠景』『汽車の旅』『ポーター』『何を見ても何かを思い出す』
『本土からの吉報』『異郷』


【著者略歴】1899年、イリノイ州シカゴ近郊のオークパークに生まれる。1918年、第一次大戦に従軍し、重傷を負う。その後、フリーランスの記者を経て『われらの時代に』『日はまた昇る』などを刊行。1947年、戦時報道員としての勲功に「ブロンズ・スター」勲章が授与される。1952年、「ライフ」誌に『老人と海』を発表、翌年ピュリツァー賞受賞。1954年、ノーベル文学賞受賞。1961年、猟銃で自殺。享年61歳。


E・ヘミングウェイ:著
山本光伸:訳

発売月:2014年05月

定価:1620円(税込み)
46版 ソフトカバー
頁数:224ページ
ISBN:978-4-434-19305-7

商品を購入する
アマゾンで購入