有島武郎論

二〇世紀の途絶した夢とその群像の物語

秀逸の文芸評論「有島武郎論」「金子喜一とその時代」2冊同時発売!

こうして原子基たちの夢は確かに受け継がれていった。
そして、そのことはたとえどんなに時代が変わろうと、精神のリレー・人間の連鎖・魂の継承として、
次世代へと受け継いでいかねばならない。(本文より)


北村巌:著

発売月:2006年12月

定価:1620円(税込み)
46判 ハードカバー
頁数:228ページ
ISBN:978-4-434-11330-7

商品を購入する
アマゾンで購入