ダブル・ヴィクトリー

第二次世界大戦は、誰のための戦いだったのか?

夢は『二つの勝利(ダブルヴィクトリー)』だったのだ。

俺の墓には、「白人を護るために黄色人と戦って死んだ黒人ここに眠る」と刻んでくれ。
第二次世界大戦下のアメリカ。マイノリティたちの人権獲得をめぐるもう一つの戦い。

「世界の民主主義を守るための戦争」とされた第二次世界大戦は、アメリカ国内の民主主義を守るものではなかった。
国内で差別と闘う有色人種は、戦争に加わることで平等が達成されることを願った。
津田塾大学教授 飯野 正子 氏推薦


ロナルド・タカキ:著
大和弘毅:訳

発売月:2004年12月

定価:2376円(税込み)
46判 ハードカバー
頁数:344ページ
ISBN:4-434-05160-1

商品を購入する
アマゾンで購入