原始林は「拓かれて」残された。

野幌原始林が「拓かれて・残された」苦難の足跡と変貌を追う

「野幌開拓の成功こそ国家への貢献」
  ――移民組織 北越殖民社社長 関矢孫左衛門



〈エルクシリーズ〉


仙北富志和(酪農学園大学教授):著

発売月:2007年07月

定価:1543円(税込み)
46判 ソフトカバー
頁数:224ページ
ISBN:978-4-434-10776-4

商品を購入する
アマゾンで購入