三浦綾子論 

「愛」と「生きること」の意味 増補版

人はいかに生くべきか―没後10年、今なお燦然と輝く三浦綾子文学―その全てを紐解く本格評論

初版発行から15年を経て、再版を望む読者の声に応え、60ページ以上を新たに書き加えた増補版の登場。
三浦文学の魅力、それはあらゆる作品で「人はいかに生きるべきか」を問いかけている点にある。


黒古 一夫:著

発売月:2009年03月

定価:2469円(税込み)
46版 ハードカバー
頁数:284ページ
ISBN:978-4-434-12636-9 C0095

商品を購入する
アマゾンで購入