丸山健二講演会「真文学の夜明け」開催のお知らせ(2018-07-06)


柏艪舎のオススメ本プレゼント〈7月〉(2018-07-06)


柏艪舎のオススメ本プレゼント〈6月〉(2018-06-06)


『森ヒロコ作品集』が新聞に取り上げられました(2018-05-14)


ラウフェン〈laufen〉出版記念トーク&ライブのお知らせ(2018-05-08)


『満州 奇跡の脱出』が新聞に取り上げられました(2018-04-02)


HBCラジオ「ビジネス ネットワーク」に出演(2018-03-29)


〈100歳以上の方、大募集!〉(2013-05-15)



天童として生まれ、天童として散る

山崎ミナ:著

定価(税込):1512円

北海道大家族物語、ここに開演

父と母と13人の子供たち。
戦中の医療状況から幼くして亡くなった子もいたけれど、それでも昭和と平成の時代を、精一杯に、力を合わせ、共に喜び、時に涙し、たくましく生きてきた、北の大家族の物語。



英語の寄り道こぼれ道

池上公介:著

定価(税込):1404円

英語が、きっと、また、もっと、好きになる!

日本人は英語が苦手??
楽しみながら英語を学ぶヒントがここに!

英語教育第一人者であり、元人気ラジオパーソナリティが綴る、
英語おもしろ四方山話。



心の王者 太宰治随想集

太宰治:著

定価(税込):2592円

太宰治没後70年。太宰治の全随想、序文・跋文124編を収めた随想集。

太宰治没後70年。
表題作「心の王者」のほか、「如是我聞」「もの思う葦」など
太宰治の全随想、序文・跋文124編を収めた初の随想集。



亀と蛇と虹の寓話

東賢次郎:著

定価(税込):1836円

丸山健二文学賞 第2回受賞作品


絶海の南の孤島に生きる3人は現実社会での生活を棄て、丸裸で、
自然に採れるものを食べ、“彼女”を共有し、人間とは何か、
性とは何か、生とは何かを模索する。理性と狂気と幻覚が交錯する。




森ヒロコ作品集

森ヒロコ:著

定価(税込):4104円

世界的に有名な銅版画家、森ヒロコ最後の作品集


日本のみならず海外にも多くのファンを持つ、
銅版画〈エッチング〉界の大家、森ヒロコの全てがここに。




laufen Cukaのオホーツクまち発見!! 旅紀行

Cuka〈ラウフェン〉:著

定価(税込):1512円

オホーツク観光大使として活躍するラウフェンが綴る旅紀行

 北海道を主たる活動場所として、音楽のみならずラジオパーソナリティーとしても活躍してきた、Cukaと克からなる〈laufen〉。
 2011年にはオホーツク観光大使に任命され、WEB連載の「オホーツク まち発見!! 旅紀行」やラジオ番組「laufenのkita-note」でオホーツクの様々な魅力を発信してきました。
 本書は、それらの活動をまとめた、〈laufen〉の足跡と言える一冊となっています。



トウモロコシの種蒔き
S・アンダーソン短編集

シャーウッド・アンダーソン:著

後藤健治:訳

定価(税込):1620円

単行本未収録の短編15編を収録した傑作短編集

シャーウッド・アンダーソンは我々のあらゆるアメリカ人作家の父親である。(フォークナー)
ぼくにとって最も重要な作家はアンダーソンだ。(ヘミングウェイ)
20世紀米国文学を代表する作家S・アンダーソンの傑作短編集。
アメリカ文学史上極めて重要な位置づけをされている作家、シャーウッド・アンダーソン。
世の不条理や様々な人間模様、あるいは人の深層心理の綾をその鋭い観察眼で抉り出す。